小田原系ラーメン 三憩園② 至福のワンタン/禁断のオンザライス編

ワタシの身の丈にあったお店というのはこういうお店。しみじみズルズル啜って参りました。

混じりでも並ぶ三憩園族

小雨を狙ってこの混雑ぶりは流石。

土曜だけど、雨だからさほど並んでいないであろうと出かけた三憩園。小雨になって出かけたのはワタシだけではなかったようで、店先には3名。読みが甘いというか、さすがの三憩園。

4/vwGEQfbcZeiUf80H8LUCukr8go-lSukuKkunBV2FREbhIyTcfTnRU-E
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_E6849.jpg

車がこの店目当てにやってきます。伊豆からの視察団が行儀よく駐車場の空きを待ち、ハシゴを載せたハイエース、ライトバンが都度、パタパタと出てくる店のおばちゃんに「また来るわ!」と言って通り過ぎるのを何台眺めたか…。たしかに、ここで飯食えば、気合い入れて働ける。力仕事ならなおさらだ。土曜の仕事ご苦労様です。三憩園をあきらめた兄さんらがどこに向かうのか気になったころ、店先でメニューを渡されて注文を考える。

今日はワンタンメン♡

今日は肉よりワンタンワンタン♡てゅるっと飲みたい。 チャーシューは食べたいけど、チャーシューワンタンメンにするほど今日はチャーシュー熱は強くないので、ワンタン麺。

三憩園は基本、普通の店の大盛が普通サイズ。前回のチャーシューメンもノーマルで満腹でした。ゆえに、ライスを頼むことは今までなかったのですが、ライスとワンタンの共演は間違いない。お腹は空かせて来たけど、食べきれるのか?着席するまで悩みました。

店内は席の間隔がコロナ対策で今までより広いが、いつも通りの熱気。おばちゃんたちが大将を中心によどみなく動いています。カウンター、茹でを取り仕切る大将の目の前のアリーナ席に着席。この席ではライスを食べないわけにはいかない。ライス追加!いや、普通ライスが普通ではない可能性も高いので小ライスで。

カウンターで目前の大将の背中を眺めて待つ。

麺をわしづかみして大きな茹で釜へ。そりゃあ量、多いよな(笑) どんぶりへ小田原系ラーメンの儀式というべき白い粉をスプーンでリズミカルに入れ、小休止。麺をかき混ぜて、数えられたワンタンを茹で踊る麺の上にばら撒く。どんぶりにスープを入れ、味見。毎回、味を確かめている事にオヤジさんの真面目さを感じます。そして、長い麺を片手の浅いザルで器用に救い上げて湯切り、手早く薬味を載せて完成!

三憩園ワンタン麺
三憩園 ワンタン麺

ドーン!

ワンタンは麺と共に茹でられるため、麺中に埋没しております。チャーシューが二枚、三つ葉にメンマ、ネギに海苔。それらを覆う熱い厚いアブラ。雄々しさを撮るべく俯瞰で捉えた結果、アブラがどれくらいの厚さか、レンゲ、どんぶりの肩に色の違いで写っておりました。このアブラがラーメンに蓋をするので、最後までアツアツであり、冬は麺を持ち上げた所からのみ湯気が上がる現象が確認されます。

三憩園ワンタン麺
斜めからだと油が輝く。

ふーふーふー!ズーズー!

濛々と湯気立てる麺を吹いて喰らうワンタン麺。力強い醤油が中太ちぢれ麺に絡み、油層に浮いた刻まれた三つ葉が、ネギが麺と共に口内へ送り込まれ、実にマッチ。

たおやかなるワンタン

ひとつ、ふたつとレンゲで掬っては平らげて思う。

テロっとしていながら茹で崩れていないアナタ。レンゲにキラリと光るアブラ美しく、スープに負けない餡を秘め、たっぷりと力強いスープを含み、てゅるりというノド越しに恍惚と目じりを下げると、スッと三つ葉の残り香…ええ。実にエエ♡

あぁ…これをコメに載せたい…大人として、いけない事かもしれんが、スープの滴るワンタンをご飯に載せて、レンゲでチャカチャカ音をさせて掻き込んだら…

こっそり左右を見て…

禁断のオンザライス
この滴るツヤ♡

私は間違っていなかった。

難なく小ライスも完食。三憩園ワンタンライスは最強です。途中でスープひたひたの海苔、三つ葉、刻みネギを浮いた油と共に足すと粋な味変可能。ワンタンは最終的にいくつ入っていたのか…うれしいほどに麺の間から出て来てくれて、数え切れませんでしたが、6個以上は間違いないです。

その日、夕方まで前かがみがきつく、夕食は必要ありませんでした。麺半分50円引きあります。恥ずかしくありません。皆さんもご自重、ご自愛ください。

赤い☆が駐車場の場所の1,7,6

created by Rinker
マルちゃん
¥2,000 (2020/10/23 08:17:59時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

小田原系ラーメン 三憩園② 至福のワンタン/禁断のオンザライス編” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。