二宮駅北口 旬酒房もん🏮戻りガツオの藁焼きに感激の居酒屋

二宮駅北口通りの黒い居酒屋で、旬の戻りガツオは稲の藁であぶって程よい香りを纏い、岩ガキも非常にウマいし、焼き鳥もチト違う。手前の居酒屋を通過して足を運ぶ価値あり!

二宮駅呑み17:00に二宮駅集合。で、1軒目に決めていた南口の焼きとん結が水曜定休で空振り( ゚Д゚) 急遽北口へ足を向けたのでした。ああアソコと思い出した和食杉田は17:30からでまだ早く、ちょっと様子を見に秦野方面へ足を延ばしまして、入ったことのない居酒屋、旬酒房もんの店の前へ。

4/vwGEQfbcZeiUf80H8LUCukr8go-lSukuKkunBV2FREbhIyTcfTnRU-E

北口から3分!17時から魚で呑める

店の前は良く通るけど、立ち止まらない店でした。二宮駅北口からは何軒か居酒屋を通り過ぎた県道へ向かう途中にあるお店。北口から2‐3分歩いたところで、むかし、むかしは古本屋だったかな。

黒い外観に白熱灯の灯りの外観。路上のおすすめの黒板にカツオ、牡蠣、太刀魚が並んで、のぞき込むと中は落ち着いた感じ。17時ですでにオープンしていたので試しに入ってみたのでした。

掘りごたつ方式で落ち着いた店内

まず、靴を脱ぐ。カラリと開けた入り口で靴を脱いであがります。掘りごたつテーブル席とカウンター席で、テーブル席が4-5ありました。ついたてのある一番入口に近い卓に座る。

お酒は沢山載っています(日本酒、あまり詳しくないのでわかりませんが)まずは生ビール。外にハートランドの看板。ウマし。お通しは鶏団子をダイコンと煮た物であっさりしつつも鶏団子がしっかり美味しい。

黒いテーブルに黒い壁、床に白熱灯の落ち着いた雰囲気。店の入り口に近いテーブルにしましたけど、つい立てのお陰で寒くもなく、背後のヒトの出入りも気にならない。掘りごたつ方式で気取りすぎない音楽。

魚介のメニューが豊富

冊子のメニューのほかに、手書きの今日のおすすめも沢山もあって楽しく悩んで、まず生牡蠣と戻りカツオを注文。戻りガツオには藁で燻製していますと添え書きがあって期待が高まりました。なかなか藁焼きのカツオは食べられません。隣のテーブル2つは予約席だったようで、徐々に人が集まりだす。

早速出てきたのは牡蠣。牡蠣は宮城のモノだそう。

てゅるりと一口で入れるには大きかったか?と思うほどの身の大きさでした。ほおばった牡蠣は繊細な柔らかさで、やわらかな酢とスダチ、紅葉おろしの酸味と海っぽさがお口に広がり、ぷつりとはじけた牡蠣からクリーミーなエキスがあふれ、薬味たちと共演。ああ…う ま い。

旬酒房もん 牡蠣
旬酒房もん 牡蠣

戻りガツオの藁焼きが美味。燻製の香りに塩!

続いて戻りガツオの藁焼き‼何故に写真が無い?って登場からウマそうで、一切れ食べたら止まらなくて…。この日の一品を選ぶなら間違いなくこの戻りガツオでした。

コスト重視、とりあえず安ければが流行る時代、ガスではなく、わざわざ藁で焼く戻りカツオ。二宮で食べられるとは正直思いませんでしたから、驚きでした。

口に入れた瞬間にわかる香り。一般的なカツオのたたきとは香りが全く違う。香りが燻製。ほんとに藁で焼いているからなのかなと思います。

添えてある薄ピンクの塩で食べた最初の一切れで感激。

燻製の香りに負けないカツオ。塩がいいなぁ。こんなタンパク質ならいくらでも食える…喰いたい。内側のキメ細かい身質が焼いた香ばしい面と異なって…ばくばく。臭みなんてどこにもない。ああ、思い出す香りに唾液があふれる。

薬味が選べます。塩とニンニクスライス…鉄板コンビは絶品。ミョウガ、しょうが、ワサビと飽きない。けど、私は藁の₍たぶん₎香りが楽しめる塩のみがいちばんハマった。

私は昨年、おととしと寒い時期にハマった自家燻製ブームがあったので、この藁焼き戻りガツオを食べて燻製はやっぱりうまいよなぁと思いだす。そろそろ燻製にはいい時期。干物、チーズ、塩漬け肉がウマいんですよ🤤

焼鳥もウマい!

旬酒房もん 鶏ももタレ
旬酒房もん 鶏ももタレ

焼鳥もも タレ。これが、、ウマい。見た目、独特ですよね?プリっとしているのですけど、噛むほどにウマいのは脂ではなくて筋肉質的なうまさで、タレが控えめで、ほんのり甘い香り、丸さが後味に残るくらいのさりげなさ。

焼き鳥のタレってハッキリどっぷりなイメージで、どんな鶏肉でもおんなじ味に思えて、わたし普段、塩派なのです。もんの焼き鳥は鶏の味が前面に出たタレなので、ちょっとハマりそう。カツオと焼き鳥で密かにひとりで来ちゃおう(笑)

他にもいろいろ頼みました。アドカドとクリームチーズ はキレイな明るい若草色のディップで、クラッカーにのせて食べるもの。あっさり目でおうちでもマネしたくなる味でした。

ちくわの磯部揚げ タルタルソース?マヨ系のソースがかかっていて、ややハイカロリーパンチ力のある一品。ちくわが厚みがあって歯ごたえがイイ。噛むほどにほんのり甘いちくわの味とソースの酸味、揚げの衣が青のりの風味と共に一体化する…。俺は好きです。

お会計 クオリティからの満足感、安らぎで納得

二名でお酒、焼酎の水割りが500-600円で5杯くらいで、料理は700円前後が多かったでしょうか。カツオは違った気がしますが…。12,000円ほどでしたけど、大満足です。

ちょっと安さを主体にしているお店とは違うお店だと思います。グーグルなどのレビュー、高いとか書かれてるけど、何を基準に高いのか、と思う。

ごく普通の居酒屋の構えだけど、入ってみれば足をブラブラ、ゆったりくつろげるし、何より料理がウマい。気に入りました。ごちそうさまでした!

Follow me!

二宮駅北口 旬酒房もん🏮戻りガツオの藁焼きに感激の居酒屋” に対して3件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。