博多空港のグルメ/うどん、寿司、酒田ラーメン⁈土産麺はコレ!

博多食い倒れの旅最終日。帰りの飛行機はお昼前でしたので、朝は食べずに空港で最後のハシゴ。最後まで普段食べられないモノを胃袋に入れてこそ漢の旅。ワタシの福岡最後の飲食街、福岡空港はさすが「食の街博多」の玄関でした。

福岡空港ホームページより

因幡うどん 福岡空港店

忙しい人も最後は博多うどんで!

フードコートの因幡うどんでごぼう天うどん。福岡うどんといえば、因幡うどんと牧のうどんという答えが圧倒的に多いと聞く因幡うどんが福岡空港で食べられます。茹で置きが基本の福岡うどんですから、すぐに出てきます!搭乗時間10分前でもトライすべき必須科目です。

4/vwGEQfbcZeiUf80H8LUCukr8go-lSukuKkunBV2FREbhIyTcfTnRU-E

ダシは昆布とイリコでかつお節が入らないのが福岡うどん。こちらのうどんも柔らかくやさしいくおなかへ入っていきます。あー、ウマい。因幡うどんのホームページ、いい匂いがしてきそうでお腹が減りますね。60余年の歴史、お取り寄せもできるみたいです。

福岡のうどんはホントにスキ。初日の牧のうどん昨日の歴史あるかろのうどんもおいしかったけど、因幡うどんもおいしい。ホロホロ崩れるごぼう天がお出しを吸ってサイコー。次回の福岡では丸天うどんが食べたいです。

北九州の魚が集結!おさかな天国博多。お寿司でゆっくりフライトを待つ贅沢な時間。

博多にはおいしいものが沢山ですが、海産物も五島列島、対馬、壱岐玄界灘、下関…全国でも一級の漁場も近く、それらが博多空港で食べられる第一王家寿しもイチオシ!

空港ホームページより

博多地魚づくし 第一王家寿し

博多地魚づくし

ポスターの博多地魚づくしに反応。博多のお寿司たべていない~!ということで入店。醤油が甘口博多、辛口関東、減塩と三種置いてある。土地の物は土地の調味料でいただくようにしていますので、博多のトロッと黒く濃い醤油で。ほんのり甘い。

サバは脂のノリが良いけどさらりとした感じもあり、神奈川で食べ慣れたサバとは違って美味しかった。イサキ、鯛、エビ、タコ、イカ、サワラ…おいしかったな。魚を食べに博多もいいかもしれない。いや、全般的にまた博多に食べに来たい!

帰宅後に第一王家寿しホームページを見てやっぱりおいしいよなーと納得。今は旬の玄界灘のヒゲソリダイ入荷ですって。きっとレアでおいしい鯛なんでしょうね。90年の老舗で、第一王家寿し「ダイイチタマヤスシ」と読み、ネタは福岡中央市場直送だそう。ああ、お腹が減る~。

忙しい人もご安心くださいというアナウンスもありますので、搭乗時間が近い方は申し出るとすぐに出るネタとかの用意があるのかもしれません。最後までおいしく楽しみたいですね。

ラーメン滑走路/新たなる街、麺との出会いを提供。酒田ラーメン 花鳥風月

もう少し。まだイケル!寿司屋の先のラーメン滑走路へ。酒田ラーメン?秋田?なかなか食べられる土地ではないので入店。が、フライトが迫る。

よくわからない時は一番人気。海老ワンタンメンを注文。

立派な具だくさんのラーメンが登場。一見、醤油ラーメンに見えるけど、口に含んだ瞬間に醤油が特出してなく、かといって、何のダシなのかワタシにはわからないのだけど、しっかり旨味のあるスープ。ウマイ。

ラーメン滑走路花鳥風月  
ラーメン滑走路花鳥風月

細めのちゅるんとした麺。極薄皮の海老ワンタンはウマイスープを吸ってトロッと口内に入ってくるけど皮は程よくコシが残して、中からぷりっとした海老。熱くってハフハフしながらスープ、極薄皮、海老の三味一体を楽しんでズルズル。チャーシューは二種。バラのジューシー&ロースの旨み。あー、うまかった。

博多の最後を酒田のラーメンで〆るとは思いませんでしたが、良かった。良かった。こうやっていろいろな土地の味を知っていくことがとても楽しい。まだまだ言ったことのない街で、その土地の味があるのかと思うと、旅に出たくなります。酒田という土地も行ってみたいなぁ。

仕事で酒田出身者の兄さんと盛り上がる

旅を終えて日常に戻ったある日、職場で新入りの兄さんと一緒に仕事をし、兄さんが酒田出身で、地元酒田でラーメンを食べ歩き、イチオシのラーメン店がこの花鳥風月だったと聞き、ビックリ。しかも、海老ワンタンメンがいちばんのおすすめというじゃないの。

魚介ダシの強さ、ワンタンのカンジ、ちょっと他と違うチャーシューの話とかを語る熱量は大したもの。彼の花鳥風月ラブな瞳が印象的。その熱量、仕事に1/3くらい欲しい(笑) 

花鳥風月ホームページより

兄さんは博多空港にお店があることに驚き、しばらく懐かしんでおりました。コッチ(神奈川県西部)では食べられないから実家に帰る時しか食べられないとおもってたみたいで、そりゃあ、驚きですよね。

一杯のラーメンが意外なところで本場本元の一杯を知る人と会うとうれしいものです。やはり、出先では極力ローカルなメシを食べなきゃもったいない!

あれ、花鳥風月のホームページを見ると、博多空港ラーメン滑走路店が見当たらない…。こちら、福岡新聞に酒田花鳥風月を引き継ぐ店舗…とある。食べログの 福岡空港駅酒田ラーメン 花鳥風月には酒田花鳥風月のホームページリンク。他の方のブログにあったのですが、ラーメン滑走路出店が期間限定での出店の様です。そのために本家ホームページには記載がないのかもしれません。気になる方はお早めに!

空港で土産にラーメンを買うなら「博多だるま」

だるま三食入り。空港の土産店で入手
だるま三食入り。空港の土産店で入手

季節が変わり、秋になりました。土産で買って忘れてたとんこつラーメンを自分でゆでて作って食べたのですが、衝撃のウマさですよ。

おおお!濃厚で臭くないスープに一本一本歯ごたえ、小麦を感じる麺!青ネギに紅ショウガ、自作肩ロースのチャーシューは薄めに切るのがやっぱり合う~とあっという間に一杯完食して速攻替玉。福岡ラブ熱が再燃。ネットで取り寄せ可能。Amazonならふたつ買うと送料無料!注文!

コレがウマいと数あるお土産ラーメンの中から推した旅の同行者陳さんはやはりただものではないなと再認識。

店主の河原さんの記事がネット上「ラーメン西へ東へNo.34だるまラーメン」にあり、記事を読んで実際に店舗にて食べてみたいという思いになりました。横浜なら近いので、行ってみたいと思います。

この「ラーメン西へ東へ」ラーメンを食べに行きたくなる記事が沢山。浪人時代に通った六角家の記事があり、感慨深く読みました。ラーメン西へ東へは「力の源」というフリーペーパーで1997年から10年発行されていた記事のひとつらしく、今は続きはないのかなと力の源を調べたら、発行元がchikara no motoで、福岡空港で食べた因幡うどんの親会社であることがわかり、これまた不思議なつながりです。あの一風堂も傘下とはスゴイ。

ああ、お腹減った。

Follow me!

博多空港のグルメ/うどん、寿司、酒田ラーメン⁈土産麺はコレ!” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。