大船の立飲みの草分け的な鞠屋で旬を楽しむ。

大船の歯医者の後の何度目かの毬屋。

先週は仕事の都合でこれなくって、金属を入れるのが遅れたおかげで消毒がシミマシタ。

4/vwGEQfbcZeiUf80H8LUCukr8go-lSukuKkunBV2FREbhIyTcfTnRU-E

助手の子に笑わせないでと言われましても…これでもツラさに耐えるお顔なんです。すみませんね(笑)

治療中からモツ煮な気分でした。それだけを楽しみに耐え、もつ煮が食べられるところ…

立ち飲み屋、鞠屋に直行するも満席、いや、立飲みなので満員。

で、もつ煮を探して夕暮れの往来が激しい飲屋街をウロウロ一周。再び覗いた鞠屋の曇りガラスに空を見つけてカウンターへ。

さて、どうしようかな。

毬屋はお酒が安い。角ハイボール二百円、抹茶割250円。瓶ビール大400円、高清水240円。なので、まだ明るい時間からいつも満員。

抹茶割り、モツ煮豆腐を注文。

抹茶割り、初めて頼んでみました。何気なく厨房を眺めてたら、抹茶を茶碗に茶筅でシャカシャカ点ててからの抹茶割りで、驚きました。見ていたせいか、抹茶の香りとほのかな苦味でとても美味しく思いました。

おススメです。今日は帰宅してからのご飯も食べるので軽く。メニューを眺めてがまんがまん。

特にフライものは主治医から痩せないとダメと言われてヤメマシタ。フライものは二点からなので、いつものハムカツと、イカゲソにしようか、どうしようかというところまで行きましたけどね、いつものハムカツではゲイがないかなと、春の野菜3点盛りを追加。ちょっと最近、走ったりして気にしてます。徐々に下がってきた体重でなければハムカツ、メンチ、イカフライの三点盛りに瓶ビール大でしたね(笑)

私が入ったときはお客が5名で、すぐに新たに2-3きて満席。鞠屋厨房はこの時は3名のお姐さん達が次々と舞い込む注文をさばいていました。モツ煮豆腐が煮込まれているのを眺めて二杯目の角ハイボール。

来ました。モツ煮豆腐。

続いて、春野菜三点盛りも。

ふきのとうの天ぷら、菜の花のおひたし、花ガツオののった新玉ねぎのスライス。

モツ煮豆腐は小鍋で豆腐を追加して煮込まれてほのかにカレーの香り??で、しつこすぎず美味しい。春の三点盛りはヘルシーでしたけど、もつ煮がバランスをとってくれて春らしさを感じつつおいしくいただけました。春の柔らかさというか、淡さが良いですねぇ。ちょっとずつ、つまめるのがうれしい。日本酒ならなおよかったかな。

お会計。

お酒は抹茶割りと角ハイボール、モツ煮豆腐、春の三点盛りで1050円。毎度、おいしくて、なおかつ安く有り難い。気になるメニューが毎度あって、悩むのも楽しみ。さらりとおやつ的に呑んで、おうちで夕ごはん。楽しい寄り道でした。

Follow me!