100年続く、握らない、つかみ寿司ゑんどう

お寿司といえば握りずし…ですよね。握らずにつかむ、つかみ寿司というお寿司を続けて100年のお寿司屋さんに連れて行ってもらいました。

ゑんどう寿司 明治40年に、ゑんどう寿司の先代が雑喉場で商われる新鮮な材料を用い、 温かいごはんでにぎり、それが口の中でこぼれるようなにぎりこまない独特のつかみ寿司を考案し、始めたのです。ホームページより

4/vwGEQfbcZeiUf80H8LUCukr8go-lSukuKkunBV2FREbhIyTcfTnRU-E

お昼に京橋店に連れて行ってもらいました。

ゑんどう京橋店
ゑんどう京橋店

カウンター席もありましたが、多くはテーブル席でした。注文は五貫ずつのおまかせの上まぜを一枚単位でお願いします。板さんの方で毎回違うネタを選んでくれますが、こちらで指定もできる様です。ワタシは完全おまかせで頼みました。

ゑんどうのつかみ寿司
ゑんどうのつかみ寿司
お醤油はハケでぬります。
お醤油はハケでぬります。

見た目、やや小ぶりで、ぽてっと板皿に乗っている感じでした。それらにハケで醤油をぬって、お箸でいただきます。

ほろりあったか。

びっくりしました。お箸でつまんで口に運ぶまではいつもと一緒なのに、入れた瞬間、あたたかく、ほろっとネタとシャリがほとんどモグモグしないで一体化したおいしさが来るんです。並んだ5貫を即ペロリ。以後、持ってきていただくたびに次を注文。

つかみ寿司 二枚目
つかみ寿司 二枚目
つかみ寿司 三枚目
つかみ寿司 三枚目
つかみ寿司 四枚目
つかみ寿司 四枚目

四枚目が終わったところであじ

ゑんどうのあじ棒
ゑんどうのあじ棒

棒状の海苔巻きみたいのがでてきてまたびっくり。これもふっくらお口でほぐれてハマる。押しずしみたいに見えるけど、口当たり、柔らかさが全然違うんです。

お店のホームページから抜粋です

創業当時から受け継がれているあじ棒や穴子も、おかげさまで多くのご支持いただいております。酢飯の上に、塩と酢で〆た新鮮なあじ、ワサビ、 大葉をのせ、手で形を整えて上から海苔で覆いました。

あじ棒の呼び名も納得です。

つかみ寿司 五枚目
つかみずし 五枚目

ゑんどうのつかみ寿司、ほんとうにおいしい。5枚食べても飽きません。温かくやさしいくちどけの感じが、このゑんどうさんでしか味わえない伝承された味なのかと思うと凄い。お箸で持てるけど、お口でほぐれるあたたかなシャリ…驚きのおいしさでした。またぜひ行きたい。今回の旅で一番。次回は市場の本店に行ってみたいです。

京橋店

本店

今回のひとり旅ブログ。

Follow me!

100年続く、握らない、つかみ寿司ゑんどう” に対して3件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。