平塚駅北口。薄暗く煙の漂う漢のジンギスカンどさん娘紅谷町店

仕事の疲れをとる。日帰り温泉太古の湯へ行く前に腹ごしらえ。そんな状況下で平塚駅東口、スグの元梅屋の裏の角にある「どさん娘ラーメン」に引き寄せられた。

令和元年11/4。再加筆、再構成。

4/vwGEQfbcZeiUf80H8LUCukr8go-lSukuKkunBV2FREbhIyTcfTnRU-E

ケムリと自転車

どさん娘紅谷町店
これで営業中。どさん娘紅谷町店

1/4午後2時過ぎ。世間はお正月の空気。

ちょっと怖い感じもするが、魅かれた。

どさん子ラーメンはご覧の通り、店内は暗く、一般的にはやっているようには見えない。換気扇からの煙と外に並ぶ自転車でやっていると気が付いた。あの香りがしなければやっているとは思わなかったであろうお店ですが、入りにくい。

今までこのブログで取り上げたお店の中でダントツに入りにくい。取り上げた店のはす向かいで店の様子をうかがう。

平塚紅谷町…上品とは言えない空気が漂う地区もあるバックストリート。カチャっと出てきたエプロン姿のおっちゃんが煙の下でオヤジさんが焼き台をブラシでこそぐ。昔から昼夜を問わず人影があって、ケムリとタレの香りが漏れる店。

どうやらカウンター席が空いたところだったみたい。この通りにはもう一軒、ジンギスカンの店、大衆焼肉店支店があり、安くてうまい。でも、こっちの「どさん娘ラーメン」は昼間から人影が絶えないので気になって入店。

暗いうえにケムリが灯りを遮る

煙に霞む店内 カウンター7-8席と細い通路を挟んでテーブル席が3つくらいでほぼ満席。ガスの焼き台がカウンター席にでたまんま。カウンターに座ります。壁のメニューの端が飴色。歴史というより、ケムリの強さを物語っています。

どさん娘 セットメニュー
安くておいしいです!と書かれているのに笑う

ジンギスカン350円と謎のミックス350円、ウーロンハイを注文。カウンターの中の厨房は白髪混じりのオヤジ3人。後ろのテーブル席は2人、3人掛けでジュージューしながら競輪の話をしてる。平塚は競輪ありますからね。ああ、大衆店だなぁ。

テーブルに出たまんまのガスの焼き台は同じ通りの大衆焼肉店支店と似ている。と思ったら姉妹店と張り紙がありました。大衆焼肉本店、支店、茅ヶ崎店ともう一つくらいあったかも。大衆焼肉ジンギスカン茅ヶ崎店は何度も行った。あちらは行列ができて入れない事も多いですね。

注文は

ジンギスカン

ミックス

ウーロンハイ。お風呂に入る前ですから、穏やかに。

大衆焼肉 どさん娘 ジンギスカンとミックス
どさん娘一人前ずつのジンギスカンとミックス

ガス代に火が灯り、肉を待ちます。

ミックスって何かと思えば、玉ねぎ、ピーマン、鶏モモ、ホルモンなど色々ミックスでした。おひとりさまには有難い。というか、この平塚、茅ヶ崎大衆焼肉系列はひとり率が高いです。ジンギスカンは一人前100g目の前で測ってました。さ、来ました。これにご飯があればもう十分なボリュームです。

じゅー。

ややヒツジ香る、堅くはないけど食べ応えがあって、いとうまし。

真昼間から肉で酒をあおる幸せを噛みしめる。

このタレが旨いの?ひつじさん?

ミックスも平らげて、お得だねぇと眺めていた焼肉定食(ジンギスカン、餃子、ライス、スープ)、ホッピーも頼んじゃいました。

どさん娘 焼肉セット(ジンギスカン、餃子、ライス、スープ)
焼肉セット(ジンギスカン、餃子、ライス、スープ)は湘南地区最強の定食のひとつだと思います。スープは先に来てたんで飲んでネギ減ってます。

やっぱり、大衆焼肉ジンギスカンはウマい。

〆にラーメンというのが多分ここ、どさん娘紅谷町店ならではなんでしょうけど、今日はお風呂もあるのでお会計。2180円でした。

やすい。大衆焼肉ジンギスカン系列すばらし!

どさん娘紅谷町店はワタシの知る支店、茅ヶ崎店と比べてアングラ感が強い、昼から飲めるラーメン店。今度はラーメン食べてみます。本店も気になる~行きたい人いる?

すぐ近く。イタリアンワインバル飲み放題で大満足。

すぐそば。夕方16:30~大衆焼肉店支店 テールスープがウマい!

茅ヶ崎駅近の姉妹店「ジンギスカン」も人気で込み合う店。開高健も通ったらしい。予約もできる。

Follow me!

平塚駅北口。薄暗く煙の漂う漢のジンギスカンどさん娘紅谷町店” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。