讃岐うどんひとり旅① 三宮、姫路、倉敷と各地で庶民の味を楽しむ

讃岐うどんが食べたい。そこから始まった2016年の旅。

20代に悪友達と高松でレンタカーで讃岐うどんを食べ回ったのが忘れられなかった。ワタシにうどん、ダシの違いがわかるとは思わなかったのですが、続けて食べるとわかるもので、3軒目くらいで店ごとに麺の感触、味、ノドゴシ、つゆがこんなにも違うのかと驚き、結局一日10軒。よく食べました(笑)最後は食べたいのに食べられない残念な気分で帰国。うまかったなぁ。

讃岐はのんびりした風景が印象的で、点在するうどん屋を自転車でハシゴしたら食べ続けられて楽しいかなと、思いついた。2016年11月の中旬の平日、うどんを食べに旅に出た旅行記。

4/vwGEQfbcZeiUf80H8LUCukr8go-lSukuKkunBV2FREbhIyTcfTnRU-E

恐ろしく安い夜行バス。神奈川-三宮2,000円

神奈川小田原近郊に住む私。はじめは高松までマイルを使って飛行機、高松市でレンタルチャリを考えました。が、最寄の東名高速秦野バス停から兵庫県三宮まで夜行バスで2,000円と知ってびっくり。圧倒的に安い。三宮からうどんの讃岐まで、日本地図を眺め、姫路城、倉敷の街並みを経由地に決定。

四国入りは電車で丸亀市からを想定。東の高松を目指せばおのずとうどん屋のハシゴができるという計算。レンタルチャリだと乗り捨てができないので、自前の折り畳み自転車にする。うどん屋さんは昼のみの営業が多いので、そう多くは行けないが、閉店時間後は駅から自転車を畳んで電車に乗って高松へ。その先は徳島?淡路?大阪あたりからの夜行バスで帰る?バスはオフシーズンでだいぶあいているのが助かる。どうせ一人でチャリンコだから、天気と移動距離と興味の対象で風任せのひとり旅なのだ。

高速バス。自転車はダメ⁉要確認です。

自転車を分解して持ち運び専用袋に入れて電車やバス、船に乗る輪行は学生時代(およそ20年前)に普通サイズのチャリで経験済み。北海道へ毎年行きました。飛行機もできるって知っていたので、高速バスは当然問題ないと思っていたのですが…。当日、運転手さんに自転車はダメと言われてびっくり。ネットからの申し込みページの注意書きに自転車は持ち込めないとの記載がなかったことを告げた所、乗せてくれた。

危うくすべての計画がおじゃんになるところでした。その後、記述が加わったのか分かりませんが、高速バスを利用するなら事前に確認が必要です。高速バスの自転車お断りは、どうやら高価な自転車の破損、ほかの乗客の荷物が傷が付くなどのクレームがでた結果のようです。今では「自転車運べます」を前面に出している高速バスもあるそうで、しまなみ海道行きが有名。レンタルチャリとうまく使い分けたいですね。

三宮の庶民の味。駅ガード下できつねうどん

23時くらいに秦野を出て、翌朝5時前には三宮着。早朝過ぎてこのまま姫路へ行っても早すぎてつまらないかもと、早朝の三宮をチャリチャリ。大きな街だ。人通りは少なく、ゴミ収集車が静寂を破って働いてた。肌寒いネ。いくつもの商店街をテキトーにすり抜け、ちらりと見えた朱色の大鳥居、生田神社を参拝し、旅の無事を願う。

さて、腹ごしらえ。ガード下の立ち食いうどんへ。立ち昇る湯気が暖簾の間から見えてとっても温まりそうに見えた。きつねうどんを注文。さて、どんなうどんだろう? 朝の静かな雑踏の中、期待が膨らむ

庶民の代表的な朝ごはん、立ち食いうどんは旅に欠かせない

ふっくらとした大きなおあげに薄い色のツユ。ああオイシイ。関西圏に来たんだなと味わい、チャリを畳んで姫路へむかう。

旅の相棒は再生折り畳み自転車。オレンジのダホン君。

ぱくん、ぱくんとフレームとハンドルがカンタンに小さくなって持ち運べてしまう便利さとシッカリな作り。学生時代、折りたたみ自転車は高くて買えなかった。それが近所で捨てられそうになっていたので、速攻でもらい受け、修理したのがこの子。ちゃんとしたブランドのチャリで、ブレーキがキチンと効く。よく似た安物はそうはいかないらしい。取り回しが良く、気持ちよく乗れるので、近隣の茅ヶ崎市、鎌倉市、三浦半島と電車に乗って、小さな日帰り旅をしているうちにコイツと旅に出たいなと思っていたのでした。

姫路アーモンドトースト、姫路城と喜安食堂、えきそば

7時半。ガタンゴトンと山陽本線。折り畳みとはいえ自転車は邪魔になるので先頭車、運転席の手すりに結んで通勤の車窓を眺め姫路へ。見慣れない地名、発車メロディ…姫路はあっという間でした。

姫路ならモーニングをと聞き、城から駅へ向かう半地下の茶店、ハミングバードへ。アーモンドトーストセットなる独自のトースト文化らしい。カリッとしたトーストに甘いアーモンドペーストが香りよくおいしかったです。

写真の説明はありません。
アーモンドトーストうまし!

スゴイと聞いてましたが、駅から見えた時点でホントに立派。中に入れば梁の太さ、天井の高さに口が開きっぱなし。城郭は広く、大きく、白く美しいが、いかに殺すかを考えられた建物の怖さも感じつつ登城するのも楽しかった。地元、小田原城とは大違いで感動。

お城を見てそのまま電車で移動するにはちょっと物足らない。なんだか城しか見ないのがイヤで…

城の回り、裏路地をチャリチャリ…こんなところは自転車だからこその放浪

シブい。工場の立ち並ぶ一角。その佇まいに惹かれた。

使い込まれた柔らかい感触の厚い木のカウンター。おかずは棚から選ぶ。

工場の区画境界にポツンとあった定食屋。こういうところ、私は世界遺産よりその土地を旅した気分にさせてくれる。

3年経っての加筆ですが、姫路城より、思い出す。このエボダイみたいなのおいしかったし、おばちゃんが優しかった。

カウンターで聞こえるおっちゃんの方言が心地いい。お母さん、どこから来た?自転車で旅してると告げると、火野正平もチャリで来てクルーとここで食べてったとか。ああ、あの自転車で思い出の手紙の地を回る番組か。寄った自分もなんだが、よくこんな所に寄るもんだと思う。煮魚定食をいただきました。甘めの煮魚、ポテトサラダがうまかった。そうそう、味噌汁がとてもおいしかった。何味噌だったのだろうか…

姫路名物えきそば

立食いそばらしきお店。 店名が「えきそば」なのに駅の外じゃねーかと ペダルが止まったのです。なんだ?中華そばに和風だしですと?

旅は出会い。当然食べました。

天ぷらえきそば
天ぷらえきそば

そのまんまなのですが、中華麺におだし。イリコが効いていて、讃岐うどんのツユを連想しました。コレ、全然ありです!

比較用 天ぷら和そば

自分で撮った画像が無いのでえきそばホームページより転載です。上が天ぷらえきそば、下が天ぷら和そば。麺が違うのがわかりますか?ちょっとえきそばは細めのちゅるんとした中華麺。後で知りましたが立食い蕎麦日本一という声もあるらしい。

終戦後、何もない混乱期に統制品であった小麦粉の替わりにこんにゃく粉とそば粉をまぜたそばを販売、その後試行錯誤の結果現在のかんすい入りの、中華麺に和風だしというミスマッチの商品が誕生しました。

「究極の立ち食いそば」は、いかに生まれたか 観光名所・姫路のトップ人気グルメの正体 東洋経済オンラインより

姫路3軒。ごちそうさまでした。

倉敷。懐かしの肉屋で買い食い。

倉敷に到着。腹ごなしに自転車を組み立てて、美観地区へ早速向かうが、綺麗すぎに感じた。それは何百年の姫路城を見た後だからかもしれない。予約したゲストハウスへ向かう。

クンクンクン

細い商店街の途中でペダルが止まる。ソコに昭和の肉屋があった。

美観地区より肉屋の写真の方がお気に入り。肉屋と相棒ダホン君。
あれもこれも食べたくなってしまう…

代わりにそそったのが商店街の肉屋。コロッケの懐かしい香りが狭い軽自動車が通れるくらいのアーケードに漂ってて、吸い寄せられました。ミートコロッケ35円は懐かしい味でした。昔、買い食いした味だ!

ゲストハウスってどうなの?

かつて、90年代くらいまで、学生の旅人、バックパッカーと言えばユースホステルでした。年会費を払ってユースホステル会員料金で泊まれるモノ。沖縄、北海道でワンゲル合宿現地解散で何度か使いましたが、まあ、ハズレに当たるとダニやらカビをくらう、テントのほうがマシなところもあったなぁ。あのころ、5000円以下で泊まれるところはホントに少なかった。

時は過ぎて今は安宿にゲストハウスなる洒落た名前が付いている。Cuore Kurashikiクオーレ倉敷。実態はどうなのか??と潜入したわけです。3,500円前後だったかな?倉敷の美観地区外れで、白壁のちゃんとしたビルで、半地下の受付がオシャレなバー空間で吹き抜け四階。傾いたり薄暗くない(笑)。工夫された二段ベッドは視線を交えることもなくプライバシーもエアコンもある半ボックス。安宿とは失礼。キレイ過ぎでたまげる快適さでした。

かなり全国的に評価の高いゲストハウスだったようで、リピーターが多いというのも頷けます。この後もいくつかゲストハウスに泊まっていますが、今のところ、このクオーレがいちばん快適なゲストハウス。2019.11加筆

安い宿に様々な旅人が集うのは今も昔も変わりません。吹き抜けの踊り場で知り合った立川の営業青年ジョーとフランス人ピエール、韓国人と夜の倉敷へ。倉敷にはそれほど名物料理がないらしく、ふつうの居酒屋で呑んで、ピエールがカラオケ未体験だというので、ワタシが手本として聖飢魔Ⅱ蝋人形の館、セックスマシンガンズのみかんのうたを熱唱。青い目をパチクリしてた(笑)。ちなみにピエールには本場のエマニエル夫人をリクエストしたが、拒絶された。

翌朝、ワタシは四国へ渡るべく最寄り駅までチャリを漕ぎ、晴れた青い瀬戸内海を電車で渡り、テンションは最高潮。丸亀市からひとりうどん祭り開催です。

つづく^_^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください