辛さで暑さも吹っ飛ぶ!山頂 濃厚チーズ&ソーセージ辛ラーメン

四阿山山頂にて

山に登る時、私は山で何を食べるか…を考えるのが一番楽しいです。

4/vwGEQfbcZeiUf80H8LUCukr8go-lSukuKkunBV2FREbhIyTcfTnRU-E

678月は暑さと食事は切り離せない。コンビニのざるそば、流水麺も手軽。暑いから冷たいものはいい。山梨市甲武信岳では千曲川源流を目指して、清流ざるうどんをしたのは爽快でした。その対極にある夏の食事、夏に辛いヤツが食べたくなりませんか?私は夏になるとレトルトカレーのLEE20倍が食べたくなるんです。でも、お山でLEEじゃあちょっといつも過ぎて物足りません。お山で辛い物を食べるというのが今回の目的の源。

イイものは何かないかなぁ〜とスーパーでお買い物をしていて目が合いました。

それが辛ラーメン

スーパーでよく見る赤いパッケージのアレ。わたしにとってはカナリ辛い、韓国鍋などで最後の締めに入する、お約束のインスタントラーメン。サッポロ一番などの麺よりちょっと太くって、煮込んでもへたりにくくい麺。コイツの袋麺を山頂で鍋で真っ赤なスープでグツグツ煮込んだら…想像だけでだいぶハイになれました。カップ麺の辛ラーメンもありますが、麺がほそく、エンターテイメント性にかけるので袋麺一択です。ジリジリと日差しを浴びながら、真っ赤に煮えたぎる辛ラーメンを作っちゃう…辛いんちゃう?ヤバいんじゃない?とドキドキしながら作るのがいい。

天気は快晴。四阿山山頂は最高の眺望。

おにぎり一個とソーセージを4本、インスタントラーメン用の野菜かやくを用意。辛ラーメンの丸い麺に合わせたかの様なジャストフィットクッカーに定量の550㏄の湯を沸かし、ソーセージ、かやく、真っ赤な粉末スープを投入…目の前に地獄の赤い沼が出現。ボコボコと見るからにヤバイ。赤い沼をみてうわーwwと言っていた仲間が、リゾットに持ってきて余った溶けるチーズをくれた。チーズダッカルビがあるくらいだから、入れてみました!そしてできたのが画像の一品。

真っ赤なスープで煮込まれた麺はスープとソーセージのだしを吸って容赦なく辛く、ワイルドにうまい。辛っ!辛ッ!ι(´Д`υ)アツィーと言いながらズルズル。明らかに山登りとは違う汗が噴出。インスタントラーメン用のかやくが激辛の中に食感の変化とほんのり甘さを感じさせてくれてイイ。軽いし、コーンやキャベツ、ネギの彩も加わって視覚的効果もイイ。そして、チーズが相性抜群。辛いスープにコクと香りをプラス。食べ応えマシマシです。〆におにぎりを投入し、辛味も温度もややマイルドになってラストスパート。定番化決定。汗かいてスッキリ!

さて、次の山では何をたべようか?

お山のキオク

長野県と群馬県にまたがる山。標高2,354mで日本百名山の一つ。菅平牧場スタートし、根子岳ー四阿山ー菅平牧場へ戻る周回ルート。行程6時間25分(休憩含まず)歩行距離約9.4キロ、累積標高差約1000メートル

カランコロンと草をはむ牛のいる牧場のわきを通り、花の多い根子岳まで何とか登ってしまえばアップダウンはありますが、四阿山までは眺望もよく、足は進みました。四阿山山頂はさほど広くないので、土日のお昼時は混むと思われます。下山後の牧場でのソフトクリームは別格。何時までやってるのか…ちょっとわからないけど、おススメです。菅平高原温泉ホテルで日帰り入浴。疲れた体に染み渡る優しいお湯。周囲にはたくさんのラグビーのコートが並び、全国からラガーマンが集まるそうです。温泉ホテルのロビーも全日本のラグビーユニホームが飾られたりしていました。夕ご飯はサービスエリアで食べたけど、ラガーマンが集まるなら、がっつり食べられるお店が近隣にあるかもしれない。次回行く機会があればチェックしてみたく思います。

Follow me!

辛さで暑さも吹っ飛ぶ!山頂 濃厚チーズ&ソーセージ辛ラーメン” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください